トップ > 講演予定

講演予定

講演予定

2012年2月21日

千葉大学新技術説明会
JST東京別館ホール(東京・市ヶ谷)

畠山義清
『ポリエチレングリコールを用いた簡便な金ナノ粒子調製方法』

講演予定

2011年12月16-17日

第2回イオン液体討論会
キャンパスプラザ京都

口頭発表
西川恵子『イオン液体を捕獲媒体としてスパッタリング法で調製される金ナノ粒子―サイズ決定因子についての系統的研究―』
遠藤太佳嗣『NMRを用いた過冷却及びガラス状態における[C4mim]PF6のイオンダイナミクス』
万代俊彦『ビスイミダゾリウム塩の結晶構造および熱物性におけるリンカー長依存性』

ポスター発表
村田裕樹『NMRを用いた結晶多形を持つイオン液体[C4mim]PF6の各結晶状態におけるイオンダイナミクス』

講演予定

2011年12月15-17日

第31回表面科学学術講演会
タワーホール船堀

ポスター発表
畠山義清『イオン液体中の金ナノ粒子の表面構造』

講演予定

2011年9月20-23日

第5回分子科学討論会2011札幌
札幌コンベンションセンター

口頭発表
森田剛『混合状態からみたエタノール水溶液の二重臨界点の存在可能性』
畠山義清『スパッタ条件が低蒸気圧液体中への金ナノ粒子調製に与える影響』
万代俊彦『シクロアルカンを導入したイミダゾリウム塩の構造とダイナミクス』

ポスター発表
牛尾将義『イオン液体−二酸化炭素系のゆらぎ構造とアニオン種依存性』
星野晋平『非芳香族系イオン液体の相挙動』
大西慧『スパッタ法によるイオン液体中への金ナノ粒子調製における温度・アニオン効果』
加藤淳一『スパッタによるポリエチレングリコール中への金ナノ粒子調製:添加物および調製温度効果』
栗原健太『ナノプロセッシングによる金ナノ粒子の成長過程とその加熱時間依存性』
松村明子『アルキル末端に置換基を導入したイミダゾリウム系イオン液体の構造と物性の相関:置換基効果およびアルキル鎖長依存性』

講演予定

2011年9月7-8日

PF研究会「PFにおけるマイクロビームを利用した XAFS, XRF, SAXS 実験の展望」
高エネルギー加速器研究機構(小林ホール)

西川恵子『金属ナノ粒子の構造研究におけるSAXSとXAFSの相補性』

講演予定

2011年7月12-13日

第28回PFシンポジウム
つくば国際会議場(エポカルつくば)

ポスター発表
森田剛『炭化水素-水系の臨界軌跡近傍における混合状態』
畠山義清『XAFSによる金ナノロッドの成長過程解析 』

講演予定

2011年6月15-18日

4th Congress on Ionic Liquids
Crystal City Hilton, Arlington, Virginia

基調講演
西川恵子『Phase Behaviors of Ionic Liquids ---Unique Phenomena Caused by Microscopic Structural Changes of Ions and Their Cooperative Slow Dynamics---』

ポスター発表
森田剛『Density and mesoscale structure of [C4mim][NTf2]-CO2 system from 0.1 to 12 MPa』
万代俊彦『Structures and Dynamics of Cyclohexyl-substituted Imidazolium Ionic Liquids』

講演予定

2011年6月2-4日

ナノ学会第9回大会
北海道大学学術交流会館

ポスター発表
畠山義清『スパッタによるポリエチレングリコール中への金ナノ粒子調製』

講演予定

2011年3月26-29日

日本化学会第91春季年会(2011)
神奈川大学横浜キャンパス

口頭発表
遠藤太佳嗣『イオン液体1-butyl-3-methyimidazolium bromideの結晶状態における疑似液体層の観察』
万代俊彦『シクロヘキシルイミダゾリウム塩の物性に及ぼす置換基の運動性の効果』
藤代舞『イミダゾリウム系イオン液体のアルキル鎖長の違いによる融解・結晶化挙動の変化』
村田裕樹『NMRを用いたイオン液体1-butyl-3-methylimidazolium hexafluorophosphateのダイナミクス』
大西慧『スパッタ法によりイオン液体中に調製した金ナノ粒子の粒径に及ぼす温度・アニオン効果』

ポスター発表
星野晋平『非芳香族系イオン液体の相挙動』
加藤淳一『スパッタ法による低分子量ポリエチレングリコール中への金ナノ粒子合成』
松村明子『アルキル末端にシクロヘキサンを有するイミダゾリウム系イオン液体の物性に及ぼすアルキル鎖長効果』

講演予定

2011年1月17-18日

第1回 イオン液体討論会
とりぎん文化会館(鳥取県鳥取市)

ポスター発表
森田剛『X線吸収法による[C4mim][NTf2]−二酸化炭素系の密度測定と吸蔵過程の評価』
遠藤太佳嗣『NMRを用いた[C4mim]Brの結晶状態における疑似液体層の観察』
畠山義清『スパッタ法によりイオン液体中に調製される金ナノ粒子のサイズ制御因子』
万代俊彦『シクロヘキシルイミダゾリウム塩の物性に及ぼす置換基の運動性の効果』

  • 講演予定
  • 主催シンポジウム
  • 主要装置
  • 発表論文
  • フォトアルバム