TOPICS

  • 2017年4月
    新しく4年生2名が研究室に配属されました。また、昨年度の学士2名が博士前期課程に進学しました。
  • 2017年3月
    修士1名と博士2名が巣立っていきました。
  • 2016年4月
    新しく4年生2名が研究室に配属されました。また、昨年度の学士2名が博士前期課程に進学しました。
  • 2015年4月
    新しく4年生2名が研究室に配属されました。また、昨年度の学士1名が博士前期課程に進学しました。
  • 2015年3月
    修論、卒研発表会が無事終了。修士4名と学士1名が研究室を巣立っていきました。
  • 2014年11月
    D1の澁田諭が第37回溶液化学シンポジウムに参加し、ポスター賞を受賞しました。
  • 2014年9月
    当研究室のメンバーが第8回分子科学討論会に参加しました。
    西川名誉教授が、分子科学会賞を受賞されました。
  • 2014年3月
    フォトアルバムを更新しました。
  • 2014年2月
    3月13日にナノサイエンス専攻合同最終講義が開催されます。
  • 2013年9月
    西川研究室のメンバーが第7回分子科学討論会に参加しました。
  • 2013年6月
    西川研究室のメンバーがナノ学会第11回大会に参加しました。
  • 2013年5月
    西川教授が紫綬褒章を受章しました。
  • 2013年4月
    新B4四名が西川研に配属されました。また、昨年度のB4四名が博士前期課程に進学しました。
    西川研究室のメンバーがイオン液体の国際学会、COIL-5(ポルトガル)に参加しました。
  • 2013年3月
    西川研究室のメンバーが日本化学会第93春季年会に参加しました。
  • 2012年12月
    西川研究室のメンバーが第3回イオン液体討論会に参加しました。
  • 2012年11月
    西川研究室のメンバーが小角X線散乱の国際学会、SAS-2012(オーストラリア)に参加しました。
  • 2012年9月
    西川研究室のメンバーが第6回分子科学討論会に参加しました。
  • 2012年4月
    西川教授が文部科学大臣表彰を受賞しました。
    今村比呂志博士が特任研究員として着任しました。
    新B4五名が西川研に配属されました。また、昨年度のB4一名、外部から二名が博士前期課程に進学しました。
  • 2012年4月
    西川教授が文部科学大臣表彰を受賞しました。
    今村比呂志博士が特任研究員として着任しました。
    新B4五名が西川研に配属されました。また、昨年度のB4一名、外部から二名が博士前期課程に進学しました。
  • 2012年3月
    西川教授が日本化学会賞を受賞しました。
    西川研究室のメンバーが日本化学会第92春季年会(2012)に参加しました。
    森田助教が第29回PFシンポジウムに参加しました。
    PD遠藤太佳嗣が海外特別研究員としてカリフォルニア大学デービス校に転出しました。
    PD畠山義清が助教として日本大学に転出しました。
    D3万代俊彦が博士研究員として横浜国立大学に転出しました。
  • 2011年12月
    西川研究室のメンバーが第2回イオン液体討論会に参加しました。
  • 2011年9月
    西川研究室のメンバーが分子科学討論会に参加しました。学会の様子はこちら
    西川教授がPF研究会で講演を行いました。
  • 2011年6月
    PD遠藤太佳嗣・畠山義清、D3万代俊彦がG-COE特別研究奨励費を獲得しました。
    西川研のメンバーがイオン液体に関する国際学会、COIL4に参加しました。
    PD畠山義清がナノ学会第9回大会において若手優秀発表賞をいただきました。
  • 2011年4月
    新B4一名が西川研に配属されました。また、昨年度のB4四名が博士前期課程に進学しました。
    PD遠藤太佳嗣が、G-COEの支援により、7月までカリフォルニア大学デービス校に滞在します。
    PD畠山義清が平成23年度笹川科学助成に採択されました。
  • 2011年3月
    修論、卒研発表会が無事終了。マスター一名が研究室を巣立っていきました。
  • 2011年1月
    西川研究室のメンバーが第一回イオン液体討論会に参加しました。
  • 2010年9月
    西川研究室のメンバーが分子科学討論会に参加しました。
  • 2010年8月
    PD畠山義清が千葉大学研究支援プログラム『若手研究者に対する助成:若手助成B』に採択され、研究費を獲得しました。
  • 2010年6月
    PD遠藤太佳嗣、D2万代俊彦がG-COE特別研究奨励費を獲得しました。
  • 2010年4月
    森田剛博士が新たに西川研に助教として着任しました。新B4五名、外部からM1二名が西川研に配属されました。
  • 2010年3月
    修論、卒研発表会が無事終了。ドクター一名、マスター二名が研究室を巣立っていきました。
    当研究室から発表された論文がPCCPの表紙を飾りました。詳しくはこちら→PCCPのWebsite
  • 2009年8月
    PD藤澤知績が千葉大学研究支援プログラム『若手研究者に対する助成:若手助成B』に採択され、研究費を獲得しました。
  • 2009年6月
    M2宮野梢が日本分析化学会有機微量分析研究懇談会・計測自動制御学会力学量計測部会第二十六回合同シンポジウム(大宮)にてベストポスタープレゼンテーション賞受賞。
    博士研究員の藤澤知績、遠藤太佳嗣両名がCOIL-3(ケアンズ)にてRunner-up(Best poster award)受賞。
  • 2009年4月
    新B4三名(うち一名は外研生)が西川研に配属されました。
  • 2008年12月
    福山勝也客員研究員の論文が炭素材料学会論文賞を受賞しました。
  • 2008年10月
    D3畠山義清が第二回分子科学討論会(福岡)にて優秀講演賞を受賞しました。
    D3畠山義清がG-COE特別研究奨励費を獲得しました。
    M2正木崇士が第二回日本化学会関東支部大会(桐生)にて優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2008年8月
    PD藤澤知績が千葉大学研究支援プログラム『若手研究者に対する助成:若手助成B』に採択され、研究費を獲得しました。
  • 2008年4月
    新B4三名が西川研に配属されました。
  • 2007年10月
    M1万代俊彦が第一回分子科学討論会(仙台)にて優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2007年9月
    西川研究室のメンバーが第一回分子科学討論会(仙台)に参加しました。
  • 2006年10月
    城田秀明博士が西川研究室に助教授として着任しました。
  • 2006年9月
    西川研究室のメンバーが分子構造総合討論会に参加しました。
  • 2006年7月
    西川研究室のメンバーがSAS2006(京都)に参加しました。
    SAS2006においてD1田中良忠がポスター賞を受賞しました。

  • 最終更新:2017/04/13
    このサイトに関するお問い合わせ先: moritat@faculty.chiba-u.jp(@は半角でご入力ください。)
  • ページの先頭へ戻る

    • 講演予定
    • 主催シンポジウム
    • 主要装置
    • 発表論文
    • フォトアルバム