トップ > 主要装置 > ラマンスペクトル−熱量同時測定装置

主要装置

ラマンスペクトル−熱量同時測定装置

高分子、液晶、イオン液体などは、昇温・降温過程において大きな熱履歴を持ちます。この場合、温度変化におけるある情報を得るのに、温度変化と独立した測定では温度と対応した情報が得られないことがあります。

私達はその問題を解消すべく、熱量と分子の振動構造の同時測定ができるように、市販のラマン測定装置と自作の熱量測定装置を組み合わせた測定を行っています。尚、熱量測定装置は、千葉大学東崎先生の協力により、作製されました。


Figure. Schematic diagram of apparatus for simultaneous measurements of conventional Raman spectrum and heat flow. Left photo shows calorimeter. Under photo shows overall view.

Specifications.
Raman Spectrometer: HoloLab 5000 (Kaiser Optical Systems, Inc.). Light source: GaAlAs diode laser; Wavelength: 785 nm (0.072 nm: <1 cm-1); Power: 10 – 400 mW; Frequency range: 100 to 3450 cm-1; Frequency resolution: 4 cm-1.; Focus: ~5.7 mm form the lens.
Calorimeter: Lab-made calorimeter using semiconducting thermoelectric module. Temperature range: 120 to 420 K; Heating and cooling rate: 0.5 – 30 mK/s; Noise level: ~5 μW.

  • 講演予定
  • 主催シンポジウム
  • 主要装置
  • 発表論文
  • フォトアルバム